冷え性を排除する

 手足の冷えが気になる季節になりました。
背中や腰が冷えたり、手足の先がなかなか温まらないと、
無意識に体を丸めてしまうものです。
これではお洒落をしてもきまりません。
冷え性は自律神経の乱れと血液の循環の悪さが原因です。
ツボ押しで体の冷えを解消し、背筋を伸ばしましょう。
紹介するツボは、自律神経を整え血行を良くする指間穴(しかんけつ)・虎口(ここう)・八風(はっぷう)と血海(けっかい)、三陰交(さんいんこう)です。

■■ツボ探しのコツ■■
いずれも左右の手と足の甲側、
指と指の間のつけ根にあります。
「指間穴」は手の人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指の間。
「虎口」は手の親指と人差し指の間。
「八風」は足の親指から小指までの指の間です。

■■ツボ押の刺激法■■
「指間穴」、「虎口」ともに、親指と人差し指でツボをつまむようにはさんで少し強めに押し揉み、指先に向かって引っぱってはなします。
1カ所につき10回程度行ないます
「八風」
も同じようにしますが、右足の時は左手で、左足の時は右手といった具合に、足と反対の手で刺激します。
一巡する頃には指先がポカポカしてきますが、温まらないときはもう少し続けましょう。

■■ツボ探しのコツ■■
膝を伸ばした状態で、膝の内側、膝の皿から2.5cm上がった辺りにあります。
大腿骨のすぐ脇の痛みを感じるところです。

■■ツボ押の方法■■
親指をツボにあて、大腿骨に向かって30回程度押し揉みます。
椅子に腰掛けて、両足を同時に行なうと適度な刺激が加わります。
※脂肪太りの解消、肌のツヤを良くするのにも効果的です.。


■■ツボ探しのコツ■■
 足の内くるぶしから指4本分上、すね骨のすぐ後ろにあります。
軽い痛みを感じるところです。

■■ツボ押しの刺激法■■
椅子に腰掛け、足首を片方の膝の上に乗せます。
右足は左手で、左足は右手といった具合に、足と反対の手の親指をツボにあて、足首をはさむように持って押し揉みます。
左右ともに2~3分程度行ないます。  

池田鍼灸治療センター:

冷え性寒い季節が近づくと、さまざまな場所で突然体が痛むのに気づきましたか?心配しないでください、この問題はあなたが思っているよりも一般的です。全身で感じる不快感は、寒さに対する神経の過敏症の結果です。これは、自律神経の障害と血液循環の低下が原因です。 

体の尖点を押し、筋肉を伸ばして冷えを解放することで、冷え性をなくすことができます。注意が必要な鍼治療のポイントは、小口、ハッピー、世界、山陰光です。これらのツボは、自律神経を調節し、血液循環を改善するのに役立ちます。 

冷え性を減らすためのヒント

ターゲットにする必要のあるツボを知らない場合、体の冷え性を減らすのは難しいかもしれません。このため、私たちは専門の鍼灸師にあなたの体の冷え性を減らす方法についてのヒントを与えるように頼みました。これが私たちがあなたのために得たものです: 

  • 鍼治療のポイントを見つけるツボ 

あなたのツボ、特にあなたの手と足のは、通常あなたの指の間にあります。これらの領域に圧力をかけて、体の冷え性を減らしてみてください。 

あなたができるもう一つのことはあなたの体のどの部分が他の部分よりわずかに熱く感じるかを見つけることです。これは通常、寒さが蓄えられている場所であり、筋肉に不快な痛みをもたらします。 

  • 神経の刺激

冷え性を減らすには、体の尖端に圧力を加える必要があります。痛みがなくなるまでツボをそっとこすることでこれを行うことができます。あなたのメッセージの方向はあなたの筋肉の風邪を解放するために外側に向けられるべきです。マッサージ続け 少し暖かくなるまでツボをします。 

  • 膝のツボを見つける膝のツボを

見つけるには、脚を伸ばして膝蓋骨の側面に圧力を加えることで簡単に行うことができます。からの痛みの急激な衝撃をたら ちょうど あなたのツボがどこにあるか最小の圧力感じ。筋肉から風邪を取り除くために、必ず表面を外側にストロークしてください。 

  • 、熱療法

あなたがあなたの体の冷え感度を減らすために行うことができもう一つは、温熱療法を用いることです。この治療を行うにはさまざまな方法があります。最も簡単な方法の1つは、清潔なタオルを加熱し、体の一部、特に寒さの影響を最も受けやすい部分を覆うことです。 

温泉への旅も楽しめます。春の暖かい水はあなたの体に即座の安堵を与え、あなたのシステムから寒さを追い払うことができます。温泉につかる気がない方は、サウナに行ってみてはいかがでしょうか。