腰痛

日本人の成人の8割が腰痛経験者といわれています。。
 腰痛を引き起こす主要原因の一つが「椎間板」の損傷です。首から骨盤につながる背骨は、体の重みを効率よく支えるためにS字型にカーブしており、その下部にある「腰椎」はやや前にせり出した形になっています。
 ところが、長時間椅子に座っていたり、前屈みや中腰など腰にとって悪い姿勢が続くとそのカーブを保てず、「腰椎」の間にあってクッションの役割をしている「椎間板」に負担がかかります。それが続くと、やがて、「椎間板」の中にある「髄骼」がはみ出して神経を圧迫し、痛みを引き起こします。これが「椎間板ヘルニア」です。いわゆる「ぎっくり腰」です。
 骨盤のゆがみが原因になる場合もあります。足を組むなどの悪い姿勢や運動不足などで骨盤がゆがんだ状態になっていると、その上にある「腰椎」に負担がかかり、その結果、「椎間板」に亀裂が起きて腰痛を引き起こします。
 筋肉の凝りも腰痛の原因の一つです。同じ姿勢を長く続けると、腰の周りの筋肉が硬くなります。
 これら以外にも、ストレスや鬱病など、及び、膵臓・腎臓・婦人疾患・悪性腫瘍等が原因で腰痛を引き起こすこともあります。
 腰痛の原因は多岐にわたり、痛みの程度も軽症から重症まで、人によって様々です。自己判断は禁物です。
 腰痛が生じたら、早めに整形外科または鍼灸院を受診して原因を突きとめ、治療を開始しましょう。軽度の腰痛であれば、医師・鍼灸師のアドバイスや生活指導を実践するだけで、解消されるケースも見られます。

腰痛が慢性化したときは、長時間同じ姿勢でいるなどの生活スタイルを改善していく必要性があります。 
 腰痛の予防と再発予防の為には、日常生活の様々な場面において、腰への負担が少ない姿勢を心がけることが大切です。
 例えば、床に直接座る時は、あぐらは避け、腰に負担のかかりにくい正座にします。膝が痛む場合には横座りにして、時々足の向きを変えるようにすると良いでしょう。
 膝を伸ばしたまま前かがみになる姿勢も、腰に負担をかけることになります。床に置いてある物を持ち上げる時や、低い洗面台で顔を洗ったり、掃除機をかける場合などには、膝を折って腰を落としてから行うようにしましょう。
 同じ姿勢を続けることも、腰痛の引き金になります。デスクワークの人や長い時間車を運転する人は、できれば、一時間おきに休憩して軽く体操をすると、腰部の血液循環が促がされます。長時間立ち続ける仕事の人は、正しい立位を保つように心がけ、時々壁にもたれて背中をリラックスさせましょう。ハイヒールや靴底の硬い靴は避け、つま先に余裕があり、底に適度の厚みのある靴を履くようにします。
 食事の内容に気をつけることも、腰痛の予防と再発予防には欠かせません。肥満になると腰への負担が増大するので、エネルギーの過度摂取に注意しましょう。また、骨粗しょう症を予防したり、骨や筋肉を健康に保つ為には、カルシウムやタンパク質をj十分に摂取します。多種類の食品を使った栄養バランスのよい食事をとるように心がけましょう。
 ウオーキングや水泳、ラジオ体操などの運動を続けることも、腰部の血液循環の促進、腰の筋肉の強化に有効です。