花粉

アレルゲンの花粉を吸い込むと、体の中でIgE(免疫グロブリン)抗体というたんぱく質が作られます。IgE抗体は全身に広がりますが、とくに鼻の粘膜などに集まり、肥満細胞と呼ばれる細胞となります。これを感作状態といいます。
 新たにアレルゲンの花粉を吸い込むと、花粉と肥満細胞に付着しているIgE抗体が結びつき、その反応の結果、肥満細胞の中からヒスタミンなどの化学伝達物質が飛び出し、様々な症状を引き起こします。
 特定の花粉に対し、遺伝的にIgE抗体をつくりやすい人が、花粉症になりやすいと考えられています。また、大気汚染、なかでも車のエンジンの排出粒子による汚染が、花粉症の発症に関与しているのではないかとの指摘があります。ディーゼル排出粒子と花粉の抗原が反応し、これがアレルゲンになっているのではないかというわけです。
 ほかに、猿と人間の比較研究を元にして、花粉症の患者の増加は寄生虫を体内から追い出したことに関係があるとする研究もあります。IgE抗体は本来、寄生虫をやっつける働きをしています。しかし、公衆衛生の発達で寄生虫が少なくなり、敵がいなくなったため、花粉を仮想敵にしてアレルギー反応を引き起こすのではないかという説です。

次に、東洋医学の観点から「花粉症」を考えてみましょう。
 花粉症の原因は、「気・血・水」のバランスがが崩れ、免疫力が低下している時に、慢性ストレスにより「内熱」がおこり、アレルギーを引き起こします。または、胃腸の機能が弱かったり、暴飲暴食により胃腸を傷つけ、余計な「湿」が体内にたまってしまい、ソレにより体力や免疫力が落ちてアレルギーになりやすくなります。 
 中医学の古典『黄帝内経』に「体内に正気があれば、邪気は体に侵入できない。しかし正気が弱くなり邪気が体内に入ると至るところに病気をもたらす。」と記されています。中医学では、扶正去邪という治療方針を行います。これは衰えた体力と免疫力を助けることで、病気を治していく方法です。

予防法は、アレルゲンである花粉を吸い込まないようにすることが大事です。外出の際にマスク・眼鏡を使用しましょう。家に入る前には衣服についた花粉をよく取り払い、その後、洗顔・洗眼・うがい・手洗いしましょう。
 ストレスの解消及び体力増進の目的で軽い運動しましょう。
 便秘しないように繊維質のものや消化のよいものを食べ、おなかを冷やさないように気をつけ、刺激物は避けましょう。

長寿

長寿日本一、いや長寿世界一といわれているのが、沖縄県です。
ところが沖縄県が日本一なのは、女性の平均寿命だけで、男性の第一位は長野県です。
 この男女の差は、免疫学的見地からも、長生きの方法を的確に現していると思われます。

私達の気分は、気圧に支配されている面があります。
高気圧がはりめぐされた天気のいい日は、元気になります。
反対に、どんよりした低気圧の日は、体がゆったりして、朝いつまでも寝られます。
これは実際にみんなが体感することでしょう。
 女性の場合はこれに、気温というファクターが加わります。
男性に比べて筋肉の少ない女性は冷えに弱いので、寒い気候の土地より、沖縄のようにいつもポカポカしている土地の方が、生きていくうえで楽なのです。
だから女性は、他の地方に比べて、元気で長生きできる事になります。
これを逆に言えば、女性こそ、冷えから身を守る体温免疫力が必要だといえるでしょう。
 一方、男性は、ひえというより、興奮して命を縮めている面があります。
もともと女性より闘争的にできているので、怒ったり過剰に活発に動いたりして、交感神経優位になりやすいのです。
 この興奮を鎮めてくれるのは、空気が薄く、気圧の低い場所です。
いってみれば、仙人が住むような、かすみがかかった山地ということになります。
山の多い長野県が、男性の長寿日本一という理由も、このようなところにあるのだと思われます。

交換神経の緊張を最ももたらすものは、怒りやねたみ、恐怖心といった、人間の負の感情でしょう。
これらの感情に支配されていると、私達の体は痛めつけられ、病気になったり早く老けてしまいます。
ですから、ちょっとしたことで怒ったり、クヨクヨしたり、人を羨んだりしていると、自分の寿命を縮めてしまうことになります。
何事に対しても大らかな気持をもち、穏やかに暮せるよう、生き方や心の持ち方を変えていかないと、本当の健康は得られないのです。

葉酸

細胞の生産や再生、代謝や体の発育に欠かせない大事な栄養素、ビタミンB群の一つで、1941年にほうれん草の葉から発見されたのが、「葉酸」です。
「葉酸」は細胞分裂の活発な胎児の健康に不可欠な栄養素として重要視されています。
この「葉酸」に、近年、認知症や心臓疾患、脳梗塞などのリスクを下げる可能性があることが分かり注目されるようになって来ました。

日本人は葉酸摂取量が足りない!!!
日本人の葉酸摂取量は推奨量の半分、国際水準と比べると、わずか3分の1にすぎないです。
葉酸のは摂取量、推定平均必要量が 200 μg、推奨量が 240 μg、上限量が 1,000 μg(いずれも成人男女)とされています。
妊娠時には、一日あたり 400μg の摂取が望ましいとされています。
新生児の二分脊椎症という重度の障害発生率は、先進国では減っているが、日本では上昇傾向にあります。
二分脊椎症などの障害は、妊娠のごく初期に葉酸が不足していると起こりやすい為です。
妊娠が分かってからサプリメントを飲み始めても遅いです
妊娠の可能性がある女性は普段からしっかりとっておきましょう。

不足は子宮頚がんや欝のリスクを高める!!!!
心身の健康のために葉酸をしっかりとってほしいです。
特に女性が見逃せないのは、葉酸摂取量が少ないと、「子宮頚部異形成」という、後にがんになる可能性がある病変を起すリスクが高まり、子宮頸がんになりやすいです。

また、血中葉酸濃度の低い人の方が欝になるリスクが高く、3年以内に再発する確率もたかくなります。
アルツハイマー病(認知障害の一種)は、脳にβアミロイドというタンパク質が蓄積されるのが原因の一つと言われていますが、葉酸はこの蓄積を防ぐと考えられています。また、葉酸は、認知症や脳梗塞、心筋梗塞などに関与するホモシステインというアミノ酸の蓄積も防ぐことも分かってきています。
心と体、両方の元気をキープしながら年齢をかさねていくためにも、やはり葉酸をしっかりとっておきたいです。

食品名葉酸の含有量一食の食品、食材の目安
鶏レバー1300μg50gでは650μg
豚レバー1000μg50gでは500μg
牛レバー810μg50gでは405μg
枝豆320μg50gでは160μg
モロヘイヤ250μg1/2袋 50gでは125μg

その他、とうもろこし、そら豆、アボガド、小松菜、カリフラワーなども、葉酸を多く含む食品・食材です。

健康的な睡眠時間

「8時間睡眠」の誤解。健康リスクが低い睡眠時間は?

「睡眠は人生の1/3を占める」と言われることが多いですね。

単純に計算すると24時間の1/3=8時間ということで、「8時間睡眠」という言葉をよく耳にしたり、
8時間の睡眠が標準的あるいは理想的と思われがちです。

しかし、実際のデータと照らし合わせると、少しちがった結論が見えてきます。

私たちの睡眠時間には個人差があるため「何時間眠らなければいけない」ということはありません。 成人の場合、一般的に死亡リスク・生活習慣病リスクが低いのは、睡眠時間7時間前後であると言われています。

大切なのは「長さ」ではなく「適切さ」

睡眠時間は、平均や「8時間」にこだわる必要はなく、
自分にとって適切な睡眠時間を見つけることが大切です。
朝、目が覚めた時、眠気やだるさがないこと。
午後2時前後をのぞいて強い眠気を感じないこと。
1日を元気に過ごせること。
これらの条件を満たしていれば、それは睡眠時間が足りている、
あなたにとっての適切な睡眠時間だといってよいでしょう。
反対に、この目安に当てはまることがあったり、
休みの日にかなり長時間眠って日頃の睡眠時間をカバーしようとしている人は、
睡眠が足りていないかもしれません。
一方で、年代によって 必要な睡眠が違います。
大人にとってはもちろんのこと、脳も体も成長過程にある子どもたちにとって、
睡眠時間はしっかり確保する必要があるのです。


睡眠の役割は大脳を休ませること

どのくらい眠ればよいのか、ということは、睡眠の役割を考えることに繋がっていきます。
私たち人間にとっての睡眠の役割は、発達した大脳を休めることにあります。

人間の大脳の中でも、認知機能を司る前頭葉(ぜんとうよう)や、

感覚の処理や運動をつかさどる頭頂葉(とうちょうよう)は、

人間に近いゴリラと比較しても非常に発達したものです。

人間にとって、この発達した大脳を休ませ、脳と身体の疲れをとり、

心身の機能を回復させるのが「睡眠」です。

睡眠が不足すると、この前頭葉と頭頂葉の脳機能がまず低下します。

集中力の低下や注意維持・記憶などに障害が出たり、

感情制御機能が低下したり、免疫機能や代謝機能にも異常が出てきて、

血圧を上昇させたり肥満につながります。

そして、快適な睡眠は、しっかり眠るという「量」だけではなく、「質」も大切です。

私たちの身体は、寝ついてから朝目覚めるまでの間に様々な機能が働いています。 睡眠が安定してとれ、それら機能がきちんと働くことが質のよい眠りなのです。

循環を改善する

冷えを改善するためには、体を温める温性、熱性の食材を意識してとりいれることが基本となります。
 冷えは3つのタイプに分けられます。
それぞれのタイプによって症状があらわれる原因は異なりますので、
その原因を改善するような食材を中心にとるようにしましょう。
食材の約70%は、体を温めたり冷やしたりしない平性ですが、それぞれ生で食べるよりも、
加熱することで体を温める効果は高まります。
なお、白砂糖のとりすぎは、冷えを悪化させます。
砂糖は、できる限り精製していない黒砂糖、メープルシロップ、
とくに料理ならばみりんを使うようにしましょう。 手足の先端が冷える場合
 血の巡りが悪いために、体の末端まで血液が十分に行きわたっていないので、
血行を促進し、体を温める食材をとるようにしましょう。 
 鮭、イワシ、カツオ、タラなどは血の巡りをよくする働きがあるので、
主菜におすすめです。
薬味や味つけには、温性の食材、ネギ、ニンニク、生姜、トウガラシなどを使うと効果的です。

全身が冷える場合
気が不足していると考えられます。
気が満たされれば、血や水も動きだして、体は温まるので、
気を補い、胃を温めて、胃腸の働きをよくする羊肉や、
温性で栄養価も高いエビなどをとるとよいでしょう。
ただし、どちらの食材も温める性質が強いため、食べすぎると余分な熱を生じやすくなるので注意してください。
 主食では、うるち米より、もち米の方が体を温める作用があります。
しかし、もち米は、うるち米より消化がよくないので、
消化を促す山芋や大根などと一緒に食べることをおすすめします。

 冷えのぼせがある場合
 気の巡りを改善する食材を選びます。魚介類では、
胃腸の機能を高める鮭やカジキマグロがこれにあたります。
また、ミカンや金柑(きん かん)などのかんきつ類も、
気の巡りをよくする作用があります。
野菜類は、タマネギ、ニラ、ラッキョウなどネギの仲間が体を温める働きをします。 
 これらの食材は、どのタイプの人にも合うので覚えておきましょう。
なお、タマネギは、サラダなど、生で食べると、気の巡りをよくする作用があり、
加熱して味噌汁などに使用すると、体を温め、消化器をととのえる作用が強まります。

冷え性を排除する

 手足の冷えが気になる季節になりました。
背中や腰が冷えたり、手足の先がなかなか温まらないと、
無意識に体を丸めてしまうものです。
これではお洒落をしてもきまりません。
冷え性は自律神経の乱れと血液の循環の悪さが原因です。
ツボ押しで体の冷えを解消し、背筋を伸ばしましょう。
紹介するツボは、自律神経を整え血行を良くする指間穴(しかんけつ)・虎口(ここう)・八風(はっぷう)と血海(けっかい)、三陰交(さんいんこう)です。

■■ツボ探しのコツ■■
いずれも左右の手と足の甲側、
指と指の間のつけ根にあります。
「指間穴」は手の人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指の間。
「虎口」は手の親指と人差し指の間。
「八風」は足の親指から小指までの指の間です。

■■ツボ押の刺激法■■
「指間穴」、「虎口」ともに、親指と人差し指でツボをつまむようにはさんで少し強めに押し揉み、指先に向かって引っぱってはなします。
1カ所につき10回程度行ないます
「八風」
も同じようにしますが、右足の時は左手で、左足の時は右手といった具合に、足と反対の手で刺激します。
一巡する頃には指先がポカポカしてきますが、温まらないときはもう少し続けましょう。

■■ツボ探しのコツ■■
膝を伸ばした状態で、膝の内側、膝の皿から2.5cm上がった辺りにあります。
大腿骨のすぐ脇の痛みを感じるところです。

■■ツボ押の方法■■
親指をツボにあて、大腿骨に向かって30回程度押し揉みます。
椅子に腰掛けて、両足を同時に行なうと適度な刺激が加わります。
※脂肪太りの解消、肌のツヤを良くするのにも効果的です.。


■■ツボ探しのコツ■■
 足の内くるぶしから指4本分上、すね骨のすぐ後ろにあります。
軽い痛みを感じるところです。

■■ツボ押しの刺激法■■
椅子に腰掛け、足首を片方の膝の上に乗せます。
右足は左手で、左足は右手といった具合に、足と反対の手の親指をツボにあて、足首をはさむように持って押し揉みます。
左右ともに2~3分程度行ないます。  

池田鍼灸治療センター:

冷え性寒い季節が近づくと、さまざまな場所で突然体が痛むのに気づきましたか?心配しないでください、この問題はあなたが思っているよりも一般的です。全身で感じる不快感は、寒さに対する神経の過敏症の結果です。これは、自律神経の障害と血液循環の低下が原因です。 

体の尖点を押し、筋肉を伸ばして冷えを解放することで、冷え性をなくすことができます。注意が必要な鍼治療のポイントは、小口、ハッピー、世界、山陰光です。これらのツボは、自律神経を調節し、血液循環を改善するのに役立ちます。 

冷え性を減らすためのヒント

ターゲットにする必要のあるツボを知らない場合、体の冷え性を減らすのは難しいかもしれません。このため、私たちは専門の鍼灸師にあなたの体の冷え性を減らす方法についてのヒントを与えるように頼みました。これが私たちがあなたのために得たものです: 

  • 鍼治療のポイントを見つけるツボ 

あなたのツボ、特にあなたの手と足のは、通常あなたの指の間にあります。これらの領域に圧力をかけて、体の冷え性を減らしてみてください。 

あなたができるもう一つのことはあなたの体のどの部分が他の部分よりわずかに熱く感じるかを見つけることです。これは通常、寒さが蓄えられている場所であり、筋肉に不快な痛みをもたらします。 

  • 神経の刺激

冷え性を減らすには、体の尖端に圧力を加える必要があります。痛みがなくなるまでツボをそっとこすることでこれを行うことができます。あなたのメッセージの方向はあなたの筋肉の風邪を解放するために外側に向けられるべきです。マッサージ続け 少し暖かくなるまでツボをします。 

  • 膝のツボを見つける膝のツボを

見つけるには、脚を伸ばして膝蓋骨の側面に圧力を加えることで簡単に行うことができます。からの痛みの急激な衝撃をたら ちょうど あなたのツボがどこにあるか最小の圧力感じ。筋肉から風邪を取り除くために、必ず表面を外側にストロークしてください。 

  • 、熱療法

あなたがあなたの体の冷え感度を減らすために行うことができもう一つは、温熱療法を用いることです。この治療を行うにはさまざまな方法があります。最も簡単な方法の1つは、清潔なタオルを加熱し、体の一部、特に寒さの影響を最も受けやすい部分を覆うことです。 

温泉への旅も楽しめます。春の暖かい水はあなたの体に即座の安堵を与え、あなたのシステムから寒さを追い払うことができます。温泉につかる気がない方は、サウナに行ってみてはいかがでしょうか。  

喘息のホットタオル治療

鼻筋への蒸しタオル(喘息で息が苦しい時)
 タオルを当てるときに鼻の下のほうまでかかるようにタオルを被せます。
こうすると湯気が鼻から入って吸入器と同じような作用が生じて楽になります。
 但しタオルの温度に注意してください。
顔は意外と敏感であまり熱すぎるのを子供さんに当てると嫌がります。
かといってぬるいのを当ててはいけないのは当然です。 
これは特に冬場には効果が分かりやすいです。でも季節を問いませんので、
行って下さい。
炎症を起して肥厚している気管に水分を供給し、胸が楽になります。
生理の二日目の夜に鼻柱全体に6分ほど蒸しタオルを当てると、
生理の経過がよくなります。

● 胸への蒸しタオル(喘息、胸を冷やした、咳が出る)
 蒸しタオルを胸に当てて下さい。すると呼吸が楽になります。

● 日頃の手当て法(喘息)
  胸椎の3、4、5番を中心に蒸しタオルを当てます。

     ● ホットタオルの作り方
 ホットタオルは、ハンドタオル(くらいの大きさのもの)で作ると、
使いやすいでしょう。
出来れば、少し厚めのタオルが良いと思います。
タオルをお湯に浸(ひた)して絞るだけで、ホットタオルの出来上がりです。
 もしくは、タオルをぬるま湯に浸して絞り、ラップや袋で包んだ後、
電子レンジで1分くらいチンして作ることもできます。

● 改善されている他の症状
 すでに亡くなられた方で日本を代表する有名な実業家が、
健康維持のために一年間に使っていた額が一千万円だった話を聞いたことがあります。
超お金持ちならそれぐらいのことをやってくれなければいけません。
 そういう方が社会の血としてのお金を吐き出さなければ他への血の巡りが悪くなるからです。
 そこまでお金の無い私などはどうやったら手持ちの血液だけでやりくりすることができるかを考えてしまいます。
 全ての病気が蒸しタオルで根本改善できるかというとそれは無理です。でも、以下の症状に効用を発揮したのも事実です。

■ 頭痛、中耳炎、歯の痛み、花粉症、咳、喘息、胃の痛み、
肝臓の不調、眼精疲労、イライラ・焦燥等の感情の不安定、
睡眠異常、肩・肘・手首・腰・膝等の身体各部の痛み、腰痛、
生理痛、腹痛、白内障、風邪、更年期症状、便秘、アトピー、
動悸、高血圧、慢性疲労、冷え性、坐骨神経痛、胆石、通風、

池田鍼灸治療センター:おしぼり喘息喘息

でお困りですか?池田鍼灸によるこのおしぼりのトリックを試して治療センター、 すぐに肺を和らげ、システム内のスムーズな空気の流れを確保してください。研究によると、ホットタオルの蒸気は、気道を開くことを可能にする粘膜分泌物を誘発するのに効果的です。 

私たちは、ことを認識 多くの人が喘息に苦しむ し、 我々はそこからこの治療を置くことにしましたので、あなたはもっと自分の状態を治療支援します。この治療法は、効果的、自然、そして全体論的であると考えられている蒸気療法を使用しています。池田鍼灸治療センターでのホットタオル治療について詳しく教えてください。

おしぼり療法とその経緯

研究によると、熱は体の機能に大きな影響を及ぼします。よると 米国、を拠点とする科学者に喘息のほとんどの症例はより寒い地域で発見されています。高温多湿の空気と呼吸機能との関連はと 、ミュンヘン大学のドイツ人科学者が行った研究一致しています。 

収集されたデータに応じて、医療温泉療法および気候学での一連の実験が行われました。彼らは、スチームバスが上気道の問題を緩和し、喘息の症状を改善するのに役立つことを発見しました。さらに、蒸気療法は気管支炎に苦しむ人々に大いに役立つことが証明されました。それは同時に咳を減らすと同時に粘液と痰を緩めるのを助けました。 

喘息は、肺と喉の気道の腫れを引き起こし、空気が肺に自由に流入するのを妨げます。蒸気からの湿った空気は、気道を強制的に開く粘膜分泌を引き起こす自然な去痰薬として機能します。 

呼吸抵抗を減らすことにより、気道の炎症と鬱血を減らします。さらに、おしぼり療法は、粘膜やその他の分泌物が乾燥して気道に詰まるのを防ぎます。 

スチームによるホリスティックトリートメント

ホットタオルトリートメントは、スチームを使用して気道を開く温熱療法に基づいています。 100年以上の間、温熱療法は、分泌物のない肺を換気および浄化することにより、呼吸器系の不快感を和らげるのに役立つために使用されてきました。 

さらに、それは副鼻腔をきれいにするのを助けます、そしてそれは喘息に苦しんでいる人々に大いに利益をもたらします。自然な去痰薬として、蒸気療法は鼻腔と耳管から粘液を拡張して取り除くことができます。 

研究はまた、ライノウイルスと呼ばれる一般的な感染症が高温で不活性になることを発見しました。必ずしも風邪を治すわけではありませんが、熱が呼吸に大きな影響を与えることを示しています。 

すでに述べたこと以外にも、ホットタオル療法で得られるメリットは他にもたくさんあります。私たちが知っているいくつかの利点を見てください:

  • 炎症を軽減 

する喘息発作中の気道の腫れは、炎症が原因である可能性があります。温熱療法は、腫れに関しては効果的な治療法であることが証明されています。さらに、喘息によって引き起こされる慢性炎症反応を和らげることができます。

  • 循環を改善する 

過呼吸は、血液循環の問題の一般的な影響です。ホットタオルトリートメントを使用して循環を改善することにより、血管を狭くする血管収縮と動脈の炎症を軽減します。さらに、それはあなたの体の安定した血流を可能にする気管支を開くのを助けます。 

  • ストレスを和らげる

あなたの体が必要とするものの1つは、無数に無視しますが、十分な休息と静けさです。体を健康で機能的に保ちたいのであれば、リラックスしてストレスを感じないようにする必要があります。 

ストレスは、特に喘息のような慢性疾患にすでに苦しんでいる場合、あなたの全体的な健康に危険な影響を与える流行です。あなたが感じる倦怠感は、急速な呼吸、ホルモン反応による炎症の増加を引き起こす可能性があり、それは潜在的にあなたの循環を損なう可能性があります。 

温熱療法はあなたの体をストレスから即座に和らげることが証明されています。それはあなたの体からリラックスした反応を引き起こし、適切なホルモン反応を刺激することができます。また、落ち着きのある効果があり、すぐに体を安心させることができます。 

温熱療法

喘息は慢性疾患であり、喘息を患っている人の生命を大きく制限する可能性があります。体調が良い場合でも、重い作業負荷をかけることについて慎重に検討することをお勧めします。アレルギー、カビ、ほこり、および喘息を引き起こす可能性のあるその他のものは、すぐに消えることはありません。 

この慢性疾患の影響から自分を解放するための最良の方法は、温熱療法を介することです。ホットタオルでの治療は呼吸器系の問題を完全に解決するわけではありませんが、喘息発作の過酷な影響を相殺できる喘息維持療法を強化するのに役立ちます。 

ホットタオル治療の適切な方法ホットタオル治療

を使用するときは、蒸気を吸い込みやすくするために、タオルを使用して鼻の底を覆う必要があります。 

あなたが覚えておく必要があるもう一つのことはタオルの温度です。熱くなりすぎないようにしてください。そうしないと火傷をすることになります。顔の近くに塗る前に、耐えられる温度に保ってください。 

おしぼりの治療方法

あなたの体の特定のニーズに対処するために使用できるおしぼりの治療方法はたくさんあります。以下に、呼吸困難を感じたときに使用できるさまざまなホットタオルの塗布方法をまとめました。ぜんそく発作があり、すぐに安心できる場合はいつでも使用できます。

胸部蒸しタオル 

咳、冷えた胸の感覚、胸痛がある場合は常に胸部蒸しタオル法を使用します。この方法は、清潔なタオルを快適に扱える最高温度に達するまで蒸すことで使用できます。 

蒸しタオルを胸に当てて、リラックスして体の中に温かい感覚が浸透するのを感じてください。ほんの数分の塗布で呼吸が楽になることに気付くでしょう。 

毎日の治療方法

これを日常的にするつもりなら、タオルを耐えられる温度まで蒸してから、気道がきれいになるまで胸椎に直接塗ることができます。 

作り方は おしぼりの?

作るとき おしぼりをは、大きめのタオルの代わりに手ぬぐいやおしぼりを使う方が簡単です。可能であれば、少し厚めのタオルもこの治療に理想的です。 

さて、おしぼりの作り方については、選んだ布をぬるま湯に浸し、絞ってから袋に包み、電子レンジで1分以上加熱するだけです。 

熱処理以外にも、呼吸を和らげるためにできる自然療法がたくさんあります。私たちがあなたのためにリストアップしたいくつかの救済策を見てください。 

喘息の自然療法温熱療法は、喘息

を自然に緩和する1つの方法にすぎません。ここでは、あなたの状態に最もよく近づくために使用できる他のいくつかの方法があります: 

  1. 瞑想とヨガ 

ストレスは、特に喘息がある場合、あなたの体に悪影響をもたらす可能性があるものの1つです。瞑想とヨガを使用すると、ゆっくりとした呼吸法で呼吸が楽になります。リラクゼーションを目的としたヨガのルーチンも、過呼吸を減らすのに役立ちます。  

  1. バイオバイオ

フィードバックフィードバックは、身体の身体的反応の管理に役立つ電子モニタリングデバイスの使用を中心とした治療法です。心拍数がクリティカルフェーズに達したときに警告することで、心拍数を監視するのに役立ちます。 

  1. ダイエット

あなたが食べる食べ物は、あなたが思っているよりもはるかにあなたの体に影響を与える可能性があります。一部の食品は、喘息発作を引き起こすことがよくあります。食事を更新し、健康的な体重を維持することで、喘息の影響を和らげることができます。 

  1. ニンニクとショウガの

喘息は、気道の炎症によって引き起こされます。システムの炎症を抑えるには、生姜やにんにくなどの抗炎症作用のある食品を摂取する必要があります。 

これらのおいしいスパイスは、さまざまな心血管疾患を管理するだけでなく、肺の炎症を軽減するために一般的に使用され、呼吸を楽にします。 

  1. オメガ3

フィッシュオイルは心臓に良いだけでなく、気道の炎症を抑えるのにも役立ちます。オメガ3サプリメントの摂取が嫌いな場合は、魚、クルミ、亜麻仁を食べてみてください。 

  1. ユーカリ

エッセンシャルオイルエッセンシャルオイルには、喘息の治療に役立つ抗炎症作用があります。使用するのに最も効果的なオイルの1つは、冷却効果を引き起こす可能性のあるユーカリです。研究によると、ユーカリ油の主成分であるシネオールが気道の炎症を軽減できることが示唆されています。 

  1. 呼吸 

法定期的な呼吸法を実践することで、精神的健康と喘息の症状を改善することができます。このルーチンは、喘息の影響の1つである過呼吸を防ぐのに役立ちます。